精神科も心療内科も対応するクリニックとは

クリニック情報を集めていると心療内科と精神科がそれぞれ見つかりますが、中には両方を看板に掲げているクリニックもあってどういうことなのかと疑問に思う人もいるでしょう。精神科と心療内科は名前が違うだけで同じようなものなのかもしれないと思うかもしれません。しかし、医学の上ではどちらも別の診療科目として定義されています。精神科も心療内科も対応しているクリニックでは、精神科の専門医も心療内科の専門医も診療をしているのが特徴です。院長が両方の診療科での経験を十分に積んでいて専門医として認められている場合もありますが、精神科医と心療内科医が両方所属していて、患者に応じて柔軟に対応できる体制を整えている場合もあります。

治療方針の違いからわかるメリット

精神科と心療内科の両方を看板に掲げているクリニックにはメリットがあるのかどうかが疑問になる人もいるかもしれません。精神科では主にカウンセリングによる治療を推進しますが、心療内科では医薬品を使った治療を優先する傾向が強いのが特徴です。じっくりとカウンセリングを受けて根本治療を目指すアプローチと、医薬品を使ってつらい症状を少しでも抑えるアプローチを同時に受けられるのがメリットと考えられるでしょう。両方の専門医が在籍しているクリニックなら、それぞれの医師から問診を受けてみることもできます。どのような医療を受けたいかを実際に医師と相談しながら決められる点でも両方の診療科目に対応しているクリニックは魅力的です。

品川の精神科には、夜まで診療しているところや、土曜日でも診療しているところもあり、仕事帰りや休日など自分のペースに合わせて受診しやすくなっています。