どのような治療があるのか

心療内科の治療方針は、大きく分けて3つあります。まず、訓練を受けた専門職による心理療法です。医師や臨床心理士との対話を通じて、自分自身の思考や癖を振り返ります。心理療法を重ねていくことで気持ちの整理ができて、心理的な課題の解決へ導くことができます。次に挙げられるのが薬物療法です。心の病にかかると、感情のコントロールが難しくなります。特に、心の病の代表であるうつ病は、脳の異常によって発症します。症状が和らいだと思っても、再発するリスクは十分あるのです。そのため、薬によってコントロールしていくことが大切です。

最後に挙げられるのが、生活指導です。心の病を抱えている人の多くは、生活習慣が乱れがちになります。決まった時間に起床・就寝する、薬を用法用量守ってきちんと飲むなど、生活全般に関する助言を行います。

治療方針だけではなく病院との相性も考えよう

治療方針は様々ありますが、どの治療を行うかは症状によって異なります。医師と相談を重ねて、自分に合った治療方針を定めましょう。ここで気を付けたいのが、医師が一方的に治療方針を決めてしまうことです。例えば、薬はなるべく使いたくないという要望があるにもかかわらず、薬物治療を中心に進めることです。薬は心をコントロールするために重宝しますが、全ての人に合うとは限りません。また、副作用のリスクもあるため、軽率に使うのはもってのほかです。

また、いつも同じ内容の質問をされるとか、話をまともに聞いてくれない場合、すぐに病院を変えましょう。安心して受診するためには、病院との相性も考えなければなりません。自分に合った病院で適切な治療を受けましょう。