精神科ってどんなところ?

「精神疾患」とは、感情や行動に著しい偏りが見られる状態のことを言います。気持ちが落ち込んだ状態が続いてなかなか元に戻らない、必要もないのにずっと手を洗ってしまうなど、偏りは大きければ日常生活に支障が生まれるようになります。こうした状態を改善するためにあるのが「精神科」です。精神疾患の多くは体調不良を伴うことが多く、最初に内科など別の診療科を受診する人も少なくありません。しかし精神疾患は脳の働きの変化が原因。それ故、内科など他の科でははっきりとした原因が特定できないことも多いのです。適切に精神科を受診することで、原因を特定し、適切な治療を受けることができるようになります。また、休職や福祉サービスのための診断書を出してもらうこともできます。

精神科と心療内科の違い

いわゆる「心の病気」を治療するための科には、精神科の他に「心療内科」が存在します。この両者は同じ診断基準を用いるため、対象とする症状や病気が重複することが多く、よく混同されがちです。基本的な治療方法も似ていて、薬物療法や精神療法などを中心に治療を行っていきます。両者の大きな違いは、専門分野にあります。精神科は、統合失調症やうつ病、双極性障害などの精神疾患の治療を行います。アルコールや薬物に対する依存症も、精神科の分野になります。これに対し、心療内科は心理的要因から起こった身体の症状を専門にしています。倦怠感や疲労感、不眠や喘息などの症状が出ているのに、内科などでは異常が見つからなかった、という人が心療内科を受診することが多いです。